top of page
東京かまた不動産のロゴマーク

新築?築浅?それぞれの定義について


お部屋をお探しの皆さん!

お部屋探しをしている時に漠然と「新築に住みたい!」と思っていたりしませんか?

しかし、「新築」とされる物件がどの様な状態の物件を指すのか、正確に認識している人も少ないのではないでしょうか。

また、同じ様な言葉で「築浅」という言葉も目にするはずです。


ここでは、「新築」「築浅」の定義についてお話していきます!

 

「新築」と「築浅」

「新築」の定義について

「新築」という言葉は明確に以下のように定義されています!

建築後1年未満かつ、未入居・未使用の物件


つまり、建築後1年未満であっても、一日でも誰かが住んでしまっている場合や、逆にまだ誰も住んだことが無いが、建築後1年以上経ってしまっている物件などは、「新築物件」と名乗ることができなくなります!

 

「築浅」は?

では「新築」に対して「築浅」という言葉についてはどうでしょうか。

実は「築浅」に関しては新築と違って明確な定義があるわけではなく、建築後まだ数年しか経っておらず、築年数の低い物件という認識になります。


どこまでを築浅とするかの線引もポータルサイトや会社などによってバラツキがありますが、一般的に建築後5年未満としている場合がよく見受けられます!

 

まとめ

以上、「新築」と「築浅」の定義についてでした。いかがだったでしょうか!


漠然と新築に住みたいと考えていても、家賃が高かったり競争率が高かったりもしますので、もう少し広い範囲でお部屋探ししてみるのもオススメです!


東京かまた不動産では上京、女性の新生活、初めての一人暮らしのお部屋探しを全力サポートしています!

ただお部屋を押し付けるだけでなく、予算や状況などをヒアリングしてオススメのエリアからご提案することができます。また、LINE等を利用したオンライン接客も可能です!


確実なお部屋探しで新生活を安心してスタートしたい方、「東京かまた不動産」に一度ご相談ください!


Comments


Commenting has been turned off.

​東かま通信とは?

​上京、女性の新生活、初めての一人暮らしといった方向けにお部屋探しを応援する「東京かまた不動産」が運営するブログです。
​特有の不安や悩みに応える情報を発信していきます。

bottom of page