top of page
東京かまた不動産のロゴマーク

お引越しが決まったけど、退去連絡はいつすればいい?



お部屋をお探しの皆さん!退去の連絡については意識されていますか?


お引越しする時は、当然ながら今のお住まいの退去連絡をしなければなりません。

今回は、この退去の連絡についてお話します!

 

退去の連絡

退去日が早すぎると新居に入れず、遅すぎると二重で家賃を払う期間が続きます。

ですので退去日と、新居の入居日を合わせて退去日を決めましょう。


連絡はいつ、どうすれば?

退去日を決めたら、いつまでにそれを連絡すればよいのかです。

これに関しては、1ヶ月前なのか、45日前なのか、契約によって様々です。

契約時に締結した「賃貸借契約書」に記載がありますので、それに従って連絡をするようにしましょう!

もし見ても分からなかったり、「賃貸借契約書」自体が見つからない場合は、早めに管理会社に確認しましょう!


連絡方法も、場合によって変わってきます。

よくある例で言うと、「解約通知書」が入居時に渡されていれば、管理会社と打ち合わせの上、必要事項を記入して提出するという形があります。

この場合、通知書が届いた時点から解約予告期間が始まります。

例えば、解約予告が1ヶ月前の場合、1月15日に提出されれば、2月15日以降に退去予定日ということになります。


最後の月の家賃は?

最後の月の家賃も、場合によって異なります!

月割り計算と日割り計算があります。

  • 日割り家賃

退去までの日数を日割りで計算して請求されます。


  • 月割り計算

月単位で家賃を計算します。この場合、1日でも月を跨ぐとまる一ヶ月分の家賃が請求されます。


二重家賃はどうすれば?

今お住まいのお部屋と、新しいお部屋の家賃を2重で支払う期間がでてきてしまいますが、これを完全に無くすことは難しいです。

特に、空家で即時入居のお部屋に決めた場合は、審査を行って通った時点で契約が必要になる場合もあり、物件を決めてから退去連絡をする場合、二重家賃が発生する可能性があります。

管理会社に賃料発生日の交渉を行うことで、なるべく期間を短くする事は可能です!


逆に、ギリギリに決めて無理に二重家賃の期間を短くすると、引っ越し自体が慌ただしくなったり、場合によっては難しくなってしまったりしますので、注意です!


二重家賃をなるべく短く済ませるポイントとしては、まだ居住中の部屋を「先行申し込み」「先行契約」として募集がかけられていて、入居まで時間がかかる部屋を選んだりすると良いです。

しかしながら、そういった手法ですと内見ができないため、実際に見てから選びたい人には向きません。

 

まとめ

退去の連絡についてお話してきました。いかがだったでしょうか?


いつまでに連絡をすれば良いかは契約書に記載がありますので、事前に確認して、それを踏まえてお部屋探しができると良いかと思います!


東京かまた不動産では、二重家賃に関して、賃料発生日の交渉を管理会社に行うことも可能です!


東京かまた不動産では上京、女性の新生活、初めての一人暮らしのお部屋探しを全力サポートしています!

ただお部屋を押し付けるだけでなく、予算や状況などをヒアリングしてオススメのエリアからご提案することができます。また、LINE等を利用したオンライン接客も可能です!


確実なお部屋探しで新生活を安心してスタートしたい方、「東京かまた不動産」に一度ご相談ください!


Comments


Commenting has been turned off.

​東かま通信とは?

​上京、女性の新生活、初めての一人暮らしといった方向けにお部屋探しを応援する「東京かまた不動産」が運営するブログです。
​特有の不安や悩みに応える情報を発信していきます。

bottom of page